オウム真理教への疑念、再び

こんにちは


ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


まずか、過去の記事を参照ください。
オウム真理教の知られていない犯罪。

その記事に関連しますが
どうしても、そこでひっかかり疑念が、わいてくる。
当時、マイペースの信徒であった、私です。

積極的に布施を行い
150万の大金を教団の貯金として計上されていた。


それにもかかわらず、50万の借金をして
イニシャエーションを受けろと言ってきた。
その当時は仕事を失業し、再就職のまだなころ。
支払い能力が、ないのに借金しろと


はっきり言って、断った。
でも、当時、交際していた彼女も信徒でした。
なんと、帰依信徒だとか。


ここで帰依信徒の実態を紹介しょう。
オウム真理教に一人入信させると帰依信徒となる。
ただ、女性の場合は要注意。
女性と縁のない男性が、多いから
たくみに近づき、悩みに相談してあげて、さらに近づく。
男性の方は、当然、好意が、あるものと思ってしまう。
ここまで、来たら、もう彼女のしめたみの。
たくみに誘導し、オウム真理教に入信させる。
これで、帰依信徒に昇格。
で、ここで、終わり、あとは球団に、あとをゆだねることとなる。


オウム真理教が、説いている、悟り、救済とはほど遠く
自分自身の帰依信徒の昇格のためにやっている。
これが、全員では、ないが、実態なのです。
当然、教団にゆだねられた段階で、その男性は現実にきずき
教団から、離れていってしまう。
離れた段階で、再度、その入信させた女性に連絡が、いく。
そして、再度、交渉となねのだが
はたして、再入信したのだろうか??、疑念です。


で、話を元に戻します。
その前の彼女から罵声をあびせられ、靴をけられ
愛着をもってしまっただけに、言うなりになってしまった。
そして、それが、疑念となり、教団と距離をおくことに。


そして、当時。前の彼女と同棲をしていた。
教団からの電話連絡は拒否していた。
ただ、その帰依信徒への連絡ですということで
うちに連絡が、来る。
脱会しようとも思ったが、真理との縁を考えてできなかった。


そして、5年間、無理矢理、借金をさせられたという理由で
関係を強要し、資金的な援助をさせて同棲。
借金の返済完了とともに、まあ当然、関係が、悪化。
分かれることに、それと同時に、教団を脱会した。


上記の導きかた、本当の意味で
真理への導き、救済をしていたなら
教団に、その男性をゆだねても、教団から離れはしない。
そこに、エゴが、あったから離れただけです。


この大きな疑念、これが、ふと立ちがり修行できなくなってしまう。
はっきり言って、無職の人間になぜ、借金をさせるのか
又、前の彼女の好意、いまになって怒りが、わいてくる。
抗議しょうにも、教団は解散してしまったし
アレフに言うのは筋違い。
まあ、オウム真理教の延長線上の教団だけど。


もっと、いまの私は過去世のグルに帰依している。
この疑念も、守護者とグルに同意をもらい書いている。
確かに、前の彼女に借金が、返済されるまで支援させ続けた。
それで、おわりかもしれないが
どうも、納得が、いかない、疑念となって帰ってくる。


どこで、折り合いをつけるんはわからないが
どうなることやら。
現在、疑念で真理を失っています。
疑念をふっしょくし、早く自分自身の真理をとりもどしたいものです。
どうなるかは、わからない自分でも。

まあ、なるようにしかならないか。
では、また。
励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



余命1年半とせんこくされたら、どうしますか??

こんにちわ


ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


実際にあった話です。
妹が、結婚し1年程前、彼氏が、大腸癌と肝臓癌で入院しているとか。
これを母から、訊いた。
癌は貪りの強い人の病気、餓鬼の世界へ転生する。
病気解放のために、話をしたかったが
私は東京、妹、母は新潟、距離が、遠い。


で、最近、母に電話をしたら、死んだとのこと。
余命、1年半から2年と宣告され、そのとおりに死んだと。
結局、私にはなにもしてあげられなかった、無念。


まあ、私の無智と徳のなさが、まねいたことに思う。
ここで、真理との縁を感じます。
真理と縁が、あったら、無くなる前に電話一本くらいくるでしょう。
そして、ついでに母に死後の世界のことをといた。
でも、ダメだった、死に対する葬式の心配だけをして
来世には興味ないと。
これも。私の徳のなさ、無智が、原因かもしれません。
母はまだ、徳が、あるのか、死後を恐れていない。


ちなみに、母が、死んだあと
私の守護者からは、母をポアしてくれると、温かいお言葉が
ただ、守護者に働いてもらっても
それを母が、認識してくれないと意味が、ない。
それは母の死が、近づいたら言ってみようと思う。
それくらいにならないと、母は真理に目覚めないだろうし。


さて、真理との縁は大事です。
真理との縁が、あれば苦しくなったら
必ず、真理との縁、菩薩との縁により
真理に導いてもらえます。
で、苦しみからの解放につながる。


私も一時期、肝臓癌を疑われる事案が、あった。
死を恐れてなかったが、手術でメスを入れるのが、いやだった。
布施もしているし、修行もしているのになぜ??・・と。
結果、精密検査で、肝臓血管腫とわかり経過観察になります。
ほっと一息です。


このように真理との縁が、大事。
私は前生のグルと守護者に守られ
常に助言をもらっている。
こういう人はたぐいまれだとは思うが。


このブログも見る人が、少ないのは
真理との縁が、ない、又は、私の功徳のなさだと思う。


どうか、この記事を縁に真理に目覚めますように。
では、また。

励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村

お坊さんの袈裟(けさ)はなぜ、黒いのか??

こんにちは

ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


さて、いつも見慣れている
お坊さんの袈裟(けさ)は黒色です。
なぜでしょうか??


いろいろ諸説ありますが
一般的には、そり昔、僧侶の死後、霊視したら
黒い色に包まれて転生した。
これが、有力なそうです。


で、一般的に、それから黒い袈裟を着るようになったとか。
これ、真理を背景とした場合、間違っています。
修行種が、死後、天界へ転生する場合
白い光に包まれて転生します。


黒色の光のバルドーは地獄を意味します。
これを取り間違えて、その習慣が、ついたものと。


ちなみに、礼服、これも黒色の背広、礼服を身につけます。
これも、上記の間違った習慣からきているものと。


ちなみに、お坊さんも、お寺の住職から
高野山の修行僧まで、様々に人が、います。
一般的に、今回言っているのは
お寺の住職さんのことです。


高野山の修行僧は禁戒を守っていると思うので
このような転生をしないかもしれません。
それは、あしからず。


ちなみに、真理では人の死を仕事にしてはいけないと言われている。
これは来世、地獄へと落ちる可能性が、高いため。


前に記事にしましたが
人の死について、お寺の出家修行者が
バルドー死者の書を死んだ肉体にたいして読み上げます。
葬式も親族代表者のみが、その肉体と面会できます。
日本のように三日以内??に火葬を上げる習慣はない。
肉体の変化をもって新たなる世界へ転生したことを悟り鳥葬にします。


鳥葬とは親族が、死んだ肉体を切り刻み
鳥の餌としてあげる行為のこと。
むごいかもしれませんが
転生を終えた肉体は、ただの肉のかたまりにすぎない。


日本のようにお墓をたてることも
法事をする習慣もチベットではないのです。


話が、途中から変化したが、ご了承を。
来世は存在します。
そして、良い転生をするためには
持戒と功徳を積むことが、大事です。


この記事を縁に真理を悟りますように。
では、また。
励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村

動物ってかわいいですか??

こんにちは


ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


前回の記事の続きです。
仏教では六道輪廻が、説かれている。
下から2番目が、動物界です。


人間が、身近な動物に産まれかわるなんて信じない
・・という人もいると思います、でも、これが、事実です。
ブッタ釈迦牟尼は人間と区別するため、動物の発生と呼んでいた。


ちまたでは、動物の赤ちゃんが、生まれると
『かわいい。』と言って喜びます。
しかし、真理を背景とした場合、正しくない。
誰かが、動物の発生に落ちた事実だから。
私は哀れみから、悲しみを感じます。
また、動物に落ちたと。


前の彼女も無智が、強く
動物をかわいがる傾向が、あった。
いくら、人間から動物に産まれかわったと言っても受付けない。
しまいには『猫の方が、楽。』という始末。


動物に生まれ変わらないためには
徳行と善行、邪淫を行わないことです。
五戒を守るのが、一番いい。
今回は省略するが。

ちなみに、動物からの上の世界の転生は
消極的に人間界でペットとなり、人間を癒やすことで功徳を積み
そしてもこの功徳によって人間界へと生まれ変わる・
まあ、一例ではあるが。


あと、真理との縁も大事。
人間界に生まれ変わっても、そこに真理が、存在しなきゃ
また、徳を消耗し、三悪趣へと落ちてしまう。
ちなみに、真理の実践者は動物を飼わない当然。
動物を飼ってしまうと、それが縁で動物に落ちる可能性が、ある。
バルドーに入り愛着しているペットの画像ん゛、見栄
そして、その画像に心が、動き飛び込んでしまう。
そして、そこはペットの動物であると。


とにかく徳を積み持戒を守りましょう。
それで、三悪趣からは回避てきます。
この記事が、縁で真理に目覚めますように、

励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村

三悪趣は存在する??、身近にいる動物、それです。

こんにちは


ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


さて、仏教には六道輪廻という教えが、あります。
六道 - Wikipedia
この我々の住む欲界は大きく6つの世界に分かれます。
それが、天界、阿修羅、人間、餓鬼(がき)、動物、地獄と。


まず、死後の世界が、あるかどうか、これを見る必要が、ある。
詳しく調べてみると、臨死体験のようなものが、ある。
これは、一度、死を経験し、その後、戻った魂のこと。
まあ、本当に死を経験したかは、疑うが
とりあえず、軽く触れておく。


そして、この欲六界の下から3番目までが
苦しみが、多い世界、苦界と呼んでます、俗に言う3悪趣と。
ちなみに、これは餓鬼、動物、地獄の世界のことです。


さて、3悪趣なんて見えないからわからないよ。
・・というかもしれません。
まず、死後の世界、これは
キリスト教、イスラム教でも唱えています。
そして、仏教の教えにも、先ほどの六道輪廻という教えが、ある。


話を元に戻して、三悪趣につして見えないと
でも、よく見ると、身近にある動物が、いるじゃないですか。
『そんなもの信じない。』という人が、多いと思うけど
釈迦牟尼は人間と区別して。動物の発生と呼んでいた。
身近にいる動物たち、我々の人間の生まれかわりなのです。


まあ、信じない人が、多いかもしれないけど、これ本当です。
釈迦牟尼が、説いた法の中で
象と象使いの根の語りがある、詳細は忘れたが
象使いの人間が、来世、象に生まれ変わり
象使いの人間に飼われるという内容です。


ちなみに、仏教では生まれ変わりを10生、100生で考える。
場合によっては、千生、1万生で考えます。
で、ここまでで考えると、身近にいる生き物たち
動物、昆虫などは過去世の父、母、兄弟かもしれないと考えます。
動物を殺す人は少ないと思うけど
昆虫も上記のように兄弟かもしれません。
そして、これを殺すことはできるので紹介??
これが、仏教の深い教えなのです。


今回は動物を中心に説きました。
餓鬼、地獄は次回にしたいと思います。
ちなみに、三悪趣に落ちると
なかなか人間界以上には転生できまらん。
落ちない方法は仏教の5つの戒律を守ることです。
不殺生、不偸盗、不妄語、不邪淫、不飲酒の戒律。
そして、功徳、善行を積むことによって
三悪趣の世界から離脱できます。
修行に入れれば一番いいのだが
まずは真理を認識しましょう、そこからです。


この記事によって、迷妄を打破し
真理と出会うことが、できますように。
では、また。
励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村

オウム真理教の知られていない犯罪。

こんにちわ


ご覧いただきありがとうございます。
見る人が、少ないので、まずはこういう挨拶です。
また、記事の下のバーナーをクリックしていただけると
励みになりります、よろしくお願いいたします。


昔、私はオウム真理教の信徒のころが、あった。
その時に遭遇した、組織的な詐欺の行為について紹介します。

年末、夏休みの頃になると"イニシュエーション"という名目で
布施を集めるために、信徒に布施を要求します。
これが、自発的な布施ならいいが、強制されることか困ったもの。

当時、高収入で自発的に布施をし、教団への貯金が、150万あった。
それほど、熱心な信徒ではなく布施はするが
修行はあまりやらない状態でした。
で、教団への貯金が、150万あったから
イニシェーションの布施を断っていた、でも、あと50万布施しろと。

その時、当時、交際していた彼女が、罵声をあびせ
靴をけり、布施を強要された。
その当時は、悲しいかな彼女に愛着していたので
この関係を維持するならと50万円追加の布施を承諾した。

ただし、金はなし、ほぼ無職の状態、現金が、ない。
バイトもやっと決まり、働き始めたころです。
どうみても、50万円の布施の強制はおかしなもの。
それを彼女はしっているのに罵声をあびせる。
後で、知ったみとだが、彼女は帰依信徒だった。


で、ここからが、犯罪の手口です。
現金の無い私に紹介されたのが、ある販売店でした。
そこで、宝石を買うという借用書をとって
これまた、宝石会社と、ぐるとなり契約を進めます。
バイトを始めて、一週間だということを言ったが、無理でした。

で、契約を終了して、宝石が、来るのかというと
教団とぐるとなり、借金した金額は、そのまま教団に流れます。
まあ、組織的な詐欺行為ですね。
ちなみに、彼女も同様に契約をした。
宝石店にいるクレジット会社の店員に
『これ、私の指にぴったり、気に入りました。』というふうに
購入の動機、テクニックを教え
実際に宝石店へ行き、宝石を買った。
私が、した借金は50万、彼女は100万だった。
ちなみに、彼女は本当に宝石が、もらえると思っていた、
「教団への布施だよ。」と言うと「えっ、まあ、いいか。」と話していた、

このように、組織だって献金するシステムが、あるので
お金のない人は、このお店を紹介するだけで布施が、増える仕組みです。
ちなみに。彼女と同棲を始めたが
借金のある5年間は関係を強制した。
そして、5年後、謝金が、終わり分かれることに。


ちなみに、彼女と別れる結果となり
当然、オウム真理教を脱退した、まあ、当然と。
今日は昔の過去の話を紹介しました。
この部分は警察も、はあくしているとは思うが
表には出ていない犯罪だと思います。
まあ、こんなことをやって、サリンもやっているのだから
教団は消滅しても当然と思う。
ただ、私の知識の主な部分はオウム真理教にある。
残念なことに。


いま、この疑念と闘い、真理を放棄しています。
意識あがったら、また、真理の記事を書こうと思う。
しばらく休みます。

では、また。
励みになります、リンクバーをぽちんとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ひろしD

Author:ひろしD
苦しみから解放されるために修行の道に入りました。ひろしDと申します。
まだ、経験豊富とまでは行きませんが、私が、感じたこと、聞いたことを記事にしていこうと思います。なお、肉体を持つグルはいません。
修行の途上で出会った過去世のグルに帰依し、修行を行ってます。なお、更新は気が、むいた時だけにしょうと思います、あしからず。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR